<< れろれろと聞こえるときは?(前編) | main | れろれろと聞こえるときは?(後編) >>
れろれろと聞こえるときは?(中編)

七夕翌日の発音テラスです。

前編から開いてしまい、楽しみにしてくださった方には申し訳ありませんでした。

 

さて、英語の発音を身につけるというと、

「日本語にない母音をマスターすること」

が最優先と考える方が多いことに驚きます。

 

子音は…というと、

LとRに代表される類の、いわゆる「日本語にない音」ばかりがフォーカスされ、

それ以外の子音は、「日本語にある音」、

つまり、「同じ音」と勘違いされる傾向にあるようです。

 

ところで、日本語は「母音」が優勢の言語である、

ということをご存知ですか?

そして、英語は「子音」優勢の言語である、

ということも?

 

上手なのに、あともう一歩、どうして「れろれろ」と聞こえるか。

乱暴な言い方をお許しください、

それは、「子音がマスター出来ていないからです。」

 

子音、なおざりにしていませんか?

「日本語にある音」、同じ音と思っていませんか?

 

次回、後編です。

 

JUGEMテーマ:英会話

| 発音テラス | 15:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:08 | - | - |
コメント
コメントする