<< れろれろと聞こえるときは?(後編) | main | 秋深し >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
いつのまにか中秋

 

「先生、夏休みってチョー楽?」と訪ねてきた小6男子に、

真顔で、

「あのね、先生、夏休み期間って、チョー忙しいの!!!」

と返事するほどの夏が終わり、

学校へ戻った生徒たちの、ワチャワチャとした様子の一週間が過ぎ、

ようやく落着きを取り戻した9月の中旬です。

 

 

昨夜は中秋の名月でしたが、生徒の帰るときには残念ながらの曇り空。

どんなことを考えながら帰っていくのだろうか、

どんな気持ちで空を見上げるのか、

どんな思いで月を見るのだろうか、と思います。

 

 

夏の終わり、急に休んだ中3受験生。

その前の回の、どことなく心ここに在らずといった様子が気になっていました。

 

休んだ分の課題を、という保護者の方からの電話を受け、

本人に来てもらいました。

 

「最近、調子はどう?」と尋ねると、

 

「いや、ちょっと、勉強時間、減っちゃって・・・」

と、顔を曇らせました。

 

「そっか、うーん、それはつらいね。

何が苦しいのかな、机に向かう気になれないのかな、

それとも、他のことがしたくなるとか?」

 

すると、彼の返事はこうでした。

 

「やらなきゃいけないことが、いっぱいあるんですけど・・・

全然終わらなくて・・・」

 

 

つづきはこちらの記事「秋深し」

 

JUGEMテーマ:英会話

 

 

| だからレッスンはやめられない! | 15:14 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:14 | - | - |
コメント
コメントする