<< やってみせ、発して聴かせて、させてみて | main | 英作文が苦手な子へのアプローチ(前編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
borrowが出来ないときは


昨晩降った雪は、
うっすらと積もった場所もあったようですね。
寒い朝の木曜日、発音テラスです。


さて、先月アップしたborrowの発音
今日はその続き、

/roW/
の部分です。


唇を突き出し、巾着袋の口のように絞って、
舌をほんの少し縮こめる。

ゆでたまごが前向きで入っているようなイメージで口腔を開け、
たっぷり呼気を溜めましょう。

その「たまご型」の呼気を、
少し開いた巾着袋の口から外に押し出すイメージで
さらに強い息をゆっくり吐いてみてください。

押し出したら、巾着の口は少しだけ戻しましょう。


さて、どんな音が出たでしょうか。


/r/
で舌を縮める際、舌が上あごに触ってしまう場合は、
スペースが足りていないケースが考えられます。
口腔を開けることを意識してみてください。


読んで試してくださる方の、
その音を確認出来ないのが、なんとももどかしいのですが、

そこはガマンして、また書いてみようと思います。
お試しいただければ幸いです。

JUGEMテーマ:英会話
| 発音テラス | 14:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 14:08 | - | - |
コメント
コメントする