<< 母音が不明瞭なときは | main | 「読めるかな〜?」小1クラスのフォニックス >>
四月の出来事


いつも慌ただしく過ぎていく四月ですが、
今年はつらいニュースに胸を痛めることも多いひとつきでした。
辛い状況にある方にとって、少しずつでも心休まる時間が増えていくことを切に願います。


四月の最後の週を迎えている今日は、
生徒たちの四月の様子や出来事、覚えていたいことを、
備忘録として。


新年度の最初の二週間、小学生たちは疲れた表情。
学校での環境の変化に対する緊張がうかがえる。

対して、去年までは疲れた表情を見せていた新中三生たち。
今年はそれほど影響が見られなくなり、
またそこに成長を感じる。


発音指導をしていた二十代の生徒。
オーストラリアへ出発、成田へ向かうその時に電話をもらう。
「(数年後)帰ってきたら、英語関係お手伝いします。」との言葉に、
「私なんか手伝ってられないと言えるくらい、スゴイ人になっちゃって下さい。」と笑って答える。

電話を切って反芻する頭に、
「あなたの夢はほかの誰かの夢でもある」という言葉が思い浮かぶ。


中三男子。

(正しい発音で)音読していればListeningも必ず伸びてくる、と励ました昨年のGTEC。

あれから一年、今年はなんと Listening と Reading が満点!
ポーカーフェイスでの報告に、私のほうが大喜び。
…と思いきや、お母さまから「家では大喜びで大威張り」とのご報告をいただく。
 

小一女子。

「先生は、英語好きなら、もっとお勉強したいんじゃないの?
私に教えるのよりお勉強したいんじゃないの?」

「先生はね、お勉強するのも楽しいけれど、○○ちゃんが英語上手になるのがとっても嬉しいの。」

「ふーん、そうかぁ。先生、私ね、英語好きだよ。」


いつもたくさんの夢と希望をありがとう。
みんなのおかげで「先生」を頑張れるのです。


JUGEMテーマ:英会話

| だからレッスンはやめられない! | 12:46 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:46 | - | - |
コメント
JUGEMさん、

いつも楽しく記事を読ませていただいています。

ひっそりと英語の記事を書いているブロガーさんたちが交流できる「英語」サークルを起ち上げました。

ブログサークルはまだ認知されていませんが、これからブログをやっていく人にとっては無くてはならないツールになると思います。ブログサークルが認知されてから人気を得ることは困難です。今のうちにブログサークルで自分のブログを紹介して読者の数を伸ばしてい行きましょう。

交流できることを心待ちにしております。

英語サークル
https://blogcircle.jp/commu/545

TOEICサークル
https://blogcircle.jp/commu/546
| Abra Catabra | 2016/05/11 9:09 PM |
コメントする